HOME » 頑張る消防団

頑張る消防団

研修会

平成27年度 消防団長研修会

日 時: 平成27年11月25日
場 所: ホテルパレスイン鹿児島
内 容:
  1. 講話
    講師  鹿児島県消防学校長 川崎 修二
    テーマ 「本県消防団の現況と消防を取り巻く環境について」
  2. 講演
    講師  広島市消防団安佐南消防団長 平田 信夫氏
    演題  ①広島市土砂災害時における消防団最高責任者としての指示及び関係機関との
    調整について
    ②消防団員確保のための取り組みについて
  3. 意見交換
    テーマ 「消防団員確保のための取り組み状況について」
    進行  鹿児島県消防協会会長 諏訪 義則
    アドバイザー 広島市消防団安佐南消防団長 平田 信夫氏

【当日の様子】

平成26年度 消防団長研修会

日 時: 平成26年11月27日
場 所: ホテルパレスイン鹿児島
内 容: 研修 S-KYT「消防団活動時における危険予知訓練」
講師 消防団員等公務災害補償等共済基金 S-KYT 指導員

【当日の様子】

硫黄島訓練視察研修について

日 時: 平成26年11月10日、11日
場 所: 鹿児島郡三島村硫黄島
内 容: 鹿児島県消防協会鹿児島支部の平成26年度事業で、消防職・団員6名で硫黄島へ出張し、南海トラフ地震による津波を想定した島内避難訓練の視察と、島民に対する救急講習を実施しました。
コメント 硫黄島は枕崎から約50㎞の距離にあり、三島村は、この硫黄島と竹島、黒島の有人3島から成っています。約120人の全ての住民が参加した避難訓練は、地震発生から一時間後に津波が到達するとの想定で、高台の冒険ランド硫黄島まで避難を行うという内容でした。私達は、各班の集合場所に配置され、避難状況の確認を行いました。集落特有の迅速な避難行動と、避難者確認ができている訓練でした。避難訓練終了後実施した救急講習は、多くの方に参加して頂き、短時間でありましたが、有意義な講習が行えたと思います。
硫黄島訓練視察研修

【当日の様子】

消防救急無線デジタル化車載無線機設置に伴う研修

日時: 平成26年9月21日(日)9時00分~
場所: 新栄町訓練センター 2階 大研修室
行事: 消防救急無線デジタル化車載無線機設置に伴う研修
内容:  消防救急無線デジタル化車載無線機設置に伴い、消防団幹部、機関整備担当者等168名に対し研修を行いました。
コメント:   研修は、情報管理課長をはじめ3名の講師に協力をいただいて実施されました。
デジタル無線の特徴、車載型無線機及び署活動用無線機の取扱いなどプロジェクターを活用した研修はとても分かり易く、消防団幹部のみなさんも真剣に説明を聞いていました。また、現場での活用方法など多くの質問が飛び交う大変充実した研修となりました。
消防救急無線デジタル化車載無線機設置に伴う研修

(平成26年9月21日 消防救急無線デジタル化車載無線機設置に伴う研修)

◆当日の様子

川辺支部S-KYT研修

期日: 平成26年6月15日(日)

◆当日の様子

鹿児島県消防協会事務担当者会議

期日: 平成26年6月5日(木)

場所: 鹿児島県防災研修センター

◆当日の様子

第6回女性消防団員研修会

女性消防団員のより一層の活動能力の向上や活性化を図り、消防団の充実発展に資することを目的とした第6回鹿児島県女性消防団員研修会が、平成26年2月8日(土)13:00~ ホテルキング(出水市)で開催されました。

◆当日の様子

平成24年度消防団長研修会

平成24年度消防団長研修会が、11月22日(木)13:00から、県下64名の消防団長・副団長参加のもと、ホテルパレスイン鹿児島で開催されました。

講演1「鹿児島県消防操法大会を振り返って」をテーマに
出水郡長島町消防団団長諏訪義則氏に講演いただきました。

平成24年度消防団長研修会

長島町消防団の概要説明の後、諏訪団長より操法大会についての講演をいただきました。

練習のやり方や自分たちで考えて実行すること、町の協力体制などについてのお話は、操法訓練をはじめ団活動を進める上で大いに参考となるものでした。

講演2「我がまちと団員を守るために~図上訓練に学ぶ~」をテーマに、
山口大学理工学研究科 准教授瀧本浩一先生に講演いただきました。

平成24年度消防団長研修会

災害図上訓練の考え方と概要について説明

地域防災と消防団員自身の安全を確保するためにも、消防団員による災害図上訓練への取り組みが重要であることを力説された。

平成24年度消防団長研修会

NPO法人ぼうぼうネット岩本氏、鹿児島県地域防災アドバイザー馬渡氏 、村野氏お手伝いのもと、地図への書き込み等を行い、参加者が地域に潜む問題点について「発見する」手法のひとつを学びました。

ページ先頭へ

表彰・大会・慰霊祭

平成30年度鹿児島県消防操法大会

平成30年8月24日(金)、鹿児島県消防学校において鹿児島県消防操法大会が開催されました。

県下11支部の予選を勝ち抜いた全22チームが「小型ポンプの部」と「ポンプ車の部」の各種目に出場し、熱戦を繰り広げました。「小型ポンプの部」は長島町消防団(出水支部)、「ポンプ車の部」は錦江町消防団(肝属支部)が優勝しました。

このうち、「小型ポンプの部」で優勝した長島町消防団が、平成30年10月19日(金)に富山県で開催される第26回全国消防操法大会に県代表として出場します。

この他の結果は以下の通りです。

【小型ポンプの部】 2位:屋久島町消防団(熊毛支部)  3位:錦江町消防団(肝属支部)

【ポンプ車の部】  2位:中種子町消防団(熊毛支部)  3位:曽於市消防団(曽於支部)

平成30年度鹿児島県消防殉職者慰霊祭

平成30年4月20日(金)、鹿児島県護国神社において鹿児島県消防殉職者慰霊祭が執り行われました。

約150人のご遺族や消防関係者が参列され、防災の任務を遂行中、不幸にして尊い犠牲となられた県内消防殉職者94柱の御霊をお慰めしました。

参列者全員が御霊のご冥福を祈るとともに、志を同じくする者の範とし、安心・安全への誓いを新たにしました。

第34回全国消防殉職者慰霊祭

平成27年9月10日(木)日本消防会館ニッショーホールにおいて、「第34回全国消防殉職者慰霊祭」が執り行われました。

慰霊祭では、約700人の参列者が御霊に黙とうを捧げ、秋本会長の式辞につづき、安倍内閣総理大臣、高市総務大臣及びご遺族代表から「追悼のことば」をいただきました。

鹿児島県からは9名のご遺族の他、諏訪県消防協会長らが参列され、新たに合祀された6柱を含む、5,688柱の御霊に追悼の誠をささげました。

平成27年度鹿児島県消防殉職者慰霊祭

平成27年4月16日(木)鹿児島県護国神社において、鹿児島県消防殉職者慰霊祭が厳粛に執り行われました。

慰霊祭では、約160人のご遺族や関係者が参列し、防災の任務を遂行中不幸にして尊い犠牲となられた鹿児島県の消防殉職者94柱の御霊をお慰めしました。参列者全員が御霊のご冥福を祈るとともに、志を同じくする者の範とし、安心・安全への誓いを新たにしました。

平成27年度鹿児島県消防関係功労者表彰式

平成27年4月15日、鹿児島県庁講堂において、「平成26年度鹿児島県消防関係功労者表彰式及び鹿児島県消防大会」が開催されました。

表彰団体・個人は次のとおり

※消防庁長官表彰

表彰式の様子
表彰式の様子

(1)表彰旗(2団体)
大隅肝属地区消防本部・東串良町消防団
大和村消防団
(2)竿頭綬(2団体)
阿久根地区消防組合・長島町消防団
大島地区消防組合消防本部・瀬戸内町消防団
(3)消防団地地域活動表彰
事業所表彰(1団体)
日本特殊陶業株式会社 鹿児島宮之城工場
(4)功労章
団員の部(2名)
吏員の部(4名)
(5)永年勤続功労章
団員の部(41名)
吏員の部(18名)

※日本消防協会会長表彰

(1)表彰旗(1団体)
西之表市消防団
(2)竿頭綬(3団体)
三島村消防団
十島村消防団
さつま町消防団
(3)功績章(18名)
(4)精績章(41名)
(5)勤続章(219名)

※鹿児島県知事表彰

(1)50年勤続章(3名)
(2)40年勤続章(31名)
(3)10年勤続章(567名)

※鹿児島県消防協会総裁表彰

(1)功績章(458名)
(2)精績章(475名)

※消防団協力事業所表示証交付

総務省消防庁  株式会社 野添組


平成27年度消防大会

感謝状贈呈

意見発表

活動内容発表

大会宣言

大会決議文

万歳三唱

鹿児島市社会福祉協議会福祉功労者表彰式について

日 時: 平成27年2月14日 10:00~11:30
場 所: かごしま市民福祉プラザ5階 大会議室
内 容: 毎年2月鹿児島市社会福祉協議会は、福祉功労者に対し表彰状、感謝状を贈呈しています。
コメント: 鹿児島市消防団が共同募金運動に熱心に取り組んだことが認められ、感謝状を贈呈されることとなりました。今後も、「郷土愛護の奉仕の精神」で地域社会に貢献していきたいと思います。(団長談)
鹿児島市社会福祉協議会福祉功労者表彰式

【当日の様子】

第24回全国消防操法大会開催

平成26年11月8日(土)、第24回全国消防操法大会が、東京臨海広域防災公園において、約1万1千人が参加し、盛大に開催されました。

「消防団の甲子園」とも呼ばれるこの大会は、2年に1回開催され、各都道府県大会の予選を勝ち抜いた48消防団が、ポンプ車の部、小型ポンプの部の2部門に分かれて、速さ、正確性、規律の正しさを競いあいます。

【当日の様子】

第30回鹿児島県消防操法大会

第30回鹿児島県消防操法大会が、平成26年8月29日(金)鹿児島県消防学校で開催されました。

当日は、朝から断続的に雨が降る悪天候ではありましたが、県内11支部から激しい予選を勝ち抜いてきた、22消防団が出場して日頃の訓練の成果を競い合い、消防操法技術の向上と士気意識を図りました。

結果は下記のとおりで、小型ポンプの部で曽於支部曽於市消防団大隅方面隊南分団、ポンプ車の部で肝属支部鹿屋市消防団市成分団が栄えある優勝となり、11月8日東京臨海広域防災公園で開催される第24回全国消防操法大会に曽於市消防団が出場することとなりました。これまでの訓練の成果をいかんなく発揮され、上位入賞を大いに期待します。

≪県大会成績≫

小型ポンプの部
優勝 曽於市消防団
準優勝 霧島市消防団
3位 南大隅町消防団
4位 南さつま市消防団
5位 長島町消防団
6位 指宿市消防団
ポンプ車の部
優勝 鹿屋市消防団
準優勝 出水市消防団
3位 中種子町消防団
4位 姶良市消防団
5位 曽於市消防団
6位 指宿市消防団

◆当日の様子

第33回全国消防殉職者慰霊祭

平成26年9月11日(木)日本消防会館ニッショーホールにおいて、第33回全国消防殉職者慰霊祭が執り行われました。

慰霊祭では、約700人の参列者が御霊に黙とうを捧げ、秋本会長の式辞につづき、安倍晋三内閣総理大臣、高市早苗総務大臣、ご遺族代表から「追悼のことば」をいただきました。

鹿児島県からは4名のご遺族が参列し、新合祀3柱を含む5,682柱の御霊をお慰めしました。

平成26年度鹿児島県消防協会出水支部消防ポンプ操法大会

日時 平成26年8月3日(日) 午前9時15分から
場所 出水市消防本部 出水市出水消防署
小型ポンプの部
優勝 長島町消防団 (中央分団)
2位 阿久根市消防団(三笠分団)
3位 出水市消防団 (第4分団)
ポンプ車の部
優勝 出水市消防団 (第8分団)
2位 長島町消防団 (諸浦分団)
3位 阿久根市消防団(鶴川内分団)

◆当日の様子

第24回鹿児島県消防協会熊毛支部消防操法大会

日時 平成26年7月6日(日) 午前10時 ~
場所 中種子町 旧種子島空港エプロン
結果 小型ポンプの部
優勝 南種子町消防団 ( 平山分団 )
2位 中種子町消防団 ( 熊野分団 )
3位 屋久島町消防団 ( 神山分団 麦生班 )
ポンプ車の部
優勝 中種子町消防団 ( 中央分団 )
2位 西之表市消防団 ( 下西分団 )
3位 屋久島町消防団 ( 中央分団 宮之浦班 )

第41回大島支部操法大会

大島支部操法大会

◆当日の様子

平成26年度鹿児島県消防協会川辺支部消防操法大会

川辺支部事務局 (枕崎市消防本部消防総務課)

日時 平成26年7月20日(日) 9時30分から
場所 南さつま市金峰町草原町運動広場駐車場
結果 小型ポンプの部
優勝 南さつま市消防団 (金峰方面隊中央分団)
2位 南九州市消防団 (川辺方面隊勝目分団)
3位 枕崎市消防団 (立神分団)
ポンプ車の部 南さつま市消防団  
優勝 南さつま市消防団 (加世田方面隊小湊分団)
2位 枕崎市消防団 (立神分団)
3位 南九州市消防団 (頴娃方面隊粟ヶ窪分団)

平成26年度 消防ポンプ操法大会(鹿児島市)

平成26年7月6日、鹿児島市新栄町消防総合訓練研修センターにおいて消防ポンプ操法大会が行われました。今年度は初めて予選会を実施せず、71分団が一堂に会する本大会のみの開催方式に変更しました。

約1000名の団員が大会に参加し、日頃の訓練の成果を遺憾なく発揮していました。

日本消防協会特別表彰「まとい」受章記念式典

日本消防協会の最高栄誉賞となる特別表彰「まとい」をこの度「長島町消防団」が受賞いたしました。

地域安全マップの作成や、福祉施設と連携した要援護者の救助訓練など、地域一体となった活動が認められました。

◆当日の様子

平成26年度鹿児島県消防関係功労者表彰式・消防大会

平成26年4月16日、鹿児島県庁講堂において、「平成26年度鹿児島県消防関係功労者表彰式及び鹿児島県消防大会」が開催されました。

平成26年度鹿児島県消防殉職者慰霊祭

平成26年4月15日(火)鹿児島県護国神社において、「平成26年度鹿児島県消防殉職者慰霊祭」が厳粛に執り行われました。

防災の任務を遂行中、不幸にして尊い犠牲となられた鹿児島県の消防殉職者94柱の御霊のご冥福を祈り、安心・安全への誓いを新たにしました。

平成25年度鹿児島県消防殉職者慰霊祭

平成25年度鹿児島県消防殉職者慰霊祭

平成25年4月19日鹿児島県護国神社において、「平成25年度鹿児島県消防殉職者慰霊祭」が厳粛に執り行われました。

防災の任務を遂行中、不幸にして尊い犠牲となられた鹿児島県の消防殉職者94柱の御霊のご冥福を祈り、安心・安全への誓いを新たにしました。


平成25年度鹿児島県消防殉職者慰霊祭

平成25年度鹿児島県消防関係功労者表彰式・消防大会

平成25年4月18日、鹿児島県庁講堂において、「平成25年度鹿児島県消防関係功労者表彰式及び鹿児島県消防大会」が開催されました。

平成25年度鹿児島県消防関係功労者表彰式・消防大会
ページ先頭へ

第23回全国消防操法大会の開催

平成24年10月7日、東京臨海広域防災公園で全国の消防団を代表する精鋭によるポンプ車の部24消防団、小型ポンプの部23消防団の操法大会が開催されました。

鹿児島県からポンプ車の部で出場した中種子町消防団は、午前の小雨混じりの寒さを感じる中、これまでの訓練の成果を存分に発揮し、見事に第9位の入賞となり、関東中種子会の応援の皆様をはじめ県下の消防団員の期待に応えてくれました。

第23回全国消防操法大会
ページ先頭へ

第31回全国消防殉職者慰霊祭

平成24年9月13日(木)日本消防会館ニッショーホールにおいて、第31回全国消防殉職者慰霊祭が執り行われました。

鹿児島県からは5名のご遺族が参列し、新合祀7柱を含む5,662柱の御霊をお慰めしました。

第31回全国消防殉職者慰霊祭

第29回鹿児島県消防操法大会の開催

鹿児島県消防操法大会

平成24年8月30日(木)鹿児島県消防学校において、第29回鹿児島県消防操法大会が開催されました。

曇り、時折の雨、強い夏の日差しと安定しない天候ではありましたが、消防団員やその家族、一般見学者等の約700名の声援を受けて、県下消防協会11支部22消防団の熱い戦いが繰り広げられました。

結果は下記のとおりで、小型ポンプの部で出水支部長島町消防団中央分団、ポンプ車の部で熊毛支部中種子町消防団中央分団が栄えある優勝となり、10月7日東京臨海広域防災公園で開催される第23回全国消防操法大会に中種子町消防団中央分団が出場することとなりました。これまでの訓練の成果をいかんなく発揮され、上位入賞を大いに期待します。

≪県大会成績≫

*優勝した分団名をクリックするとPDFが開きます。

鹿児島県消防操法大会
小型ポンプの部
優勝 出水支部長島町消防団中央分団
準優勝 肝属支部南大隅町消防団大中尾分団
第3位 熊毛支部屋久島町消防団神山分団
第4位 曽於支部曽於市消防団大隅南分団
第5位 川辺支部南さつま市消防団阿多分団
第6位 姶良伊佐支部姶良市消防団帖佐分団
ポンプ車の部
優勝 熊毛支部中種子町消防団中央分団
準優勝 肝属支部鹿屋市消防団野里分団
第3位 姶良伊佐支部霧島市消防団竹子分団
第4位 川辺支部南九州市消防団中央分団
第5位 日置支部いちき串木野市消防団羽島分団
第6位 出水支部長島町消防団蔵之元分団

第29回鹿児島県消防操法大会支部大会の開催

県下の消防団員の技術の向上と消防団の士気高揚を目的とした消防操法大会が8月30日(木)鹿児島県消防学校で開催されます。

この操法大会は2年おきに開催されるものですが、前回は口蹄疫の関係で実施されなかったことから、4年ぶりの開催となります。

県下の各支部の戦いに勝ち残り、県大会で優勝した1チームが10月に東京臨海公園で開催される全国大会(ポンプ車両の部)に出場します。

県大会及び各支部での選抜大会の日程は下記のとおりです。

大会 日時 場所
鹿児島県 8月30日(木) 9:30~ 鹿児島県消防学校
▼各支部の選抜大会
大島支部 6月24日(日) 9:00~ 和泊町伊延港
指宿支部 7月1日(日) 9:00~ 指宿市山川漁港内
川辺支部 7月15日(日) 9:30~ 南九州市知覧平和公園 ゲートボール駐車場
熊毛支部 7月15日(日)10:00~ 南種子町緊急ヘリポート
鹿児島支部 7月29日(日) 8:00~ 鹿児島市消防総合訓練研修センター
薩摩支部 7月29日(日) 8:30~ 薩摩川内市 市民緑地公園
姶良・伊佐支部 7月29日(日) 8:30~ 姶良市加音ホール駐車場
曽於支部 7月29日(日) 9:40~ 曽於市大隅町消防組合 八合原訓練場
日置支部 8月5日(日) 9:00~ 日置北部公設地方卸売市場 駐車場
出水支部 8月5日(日) 9:15~ 阿久根市役所駐車場
肝属支部 8月6日(月)10:30~ 鹿屋市霧島ケ丘公園 第一駐車場

*支部名をクリックすると大会当日の様子がご覧になれます。(※PDFファイルが開きます)

*今後、訓練風景や支部大会・県大会の状況などを順次掲載の予定です。

平成24年度鹿児島県消防関係功労者表彰式・消防大会

平成24年度鹿児島県消防関係功労者表彰式・消防大会
平成24年度鹿児島県消防関係功労者表彰式・消防大会

去る平成24年4月9日、鹿児島県庁講堂において、「平成24年度鹿児島県消防関係功労者表彰式及び鹿児島県消防大会」が開催されました。

この表彰式及び消防大会は、永年にわたり、県民のかけがえのない生命と財産を災害から守るため、日夜、献身的に尽力されている方々を表彰し、その功労を広く一般に知らせるとともに、他の者の模範とし、かつ、消防関係者の士気の高揚を図ることを目的として開催します。

表彰式では、「県民の尊い生命と貴重な財産を守るため、第一線で献身的なご尽力をいただいている消防職員及び消防団員に敬意を表するとともに、消防活動の安全に留意し、地域住民の信頼と期待に更に応えていただきたい。」との鹿児島県知事(消防協会総裁)のあいさつの後、消防功労で叙位・叙勲を受けられた方々の紹介に続き、総務大臣表彰、消防庁長官表彰、日本消防協会会長表彰の伝達、鹿児島県知事表彰、鹿児島県消防協会総裁表彰、消防団協力事業所表示証の交付が行われました。

消防大会では、「一般財団法人としての出発の年に当たり、消防協会は、消防団員、消防職員の活動を支援するという原点に帰って、その役割を果たしていきたい。」との会長あいさつのほか、緊急消防援助隊鹿児島県隊の一員として被災地に向かわれたまだ余震の続く、厳しい寒さの中で活動された、益満友広鹿児島市消防局消防司令補から、「東日本大震災における活動報告」と題した講演が行われ、まだ余震の続く、厳しい寒さの中で活動された様子が大型スクリーンを使って紹介されました。


また、会場には、緊急消防援助隊への宮城県知事からの感謝状や日本消防協会から提供された東日本大震災の写真パネルが展示されました。

写真パネル

平成24年度鹿児島県消防殉職者慰霊祭

去る平成24年4月9日、「平成24年度鹿児島県消防殉職者慰霊祭」が厳粛に執り行われました。

この慰霊祭は、慰霊碑が設置されている鹿児島県護国神社において、毎年この時期に、ご遺族、消防関係者等の出席のもとに執り行っている重要な行事です。

防災の任務を遂行中、不幸にして尊い犠牲となられた鹿児島県の消防殉職者94柱の功績を称え、その御霊に深甚なる敬意と感謝の誠を捧げるもので、参列者全員が御霊のご冥福を祈るとともに、志を同じくする者の範とし、安心・安全への誓いを新たにしました。

慰霊祭
ページ先頭へ

女性消防団

垂水市女性消防団制服交付事業に伴う広報活動

日 時: 平成30年11月4日(日)
場 所: 垂水市キララドーム
内 容: たるみずふれあいフェスタ秋の産業祭の会場内にて、新入団員募集の広報活動を実施。マスク(広報シールが貼付された)、チラシの配布を行い、入団を呼びかけた。
女性団員の抱負: 今年度に入って、本市の女性団員数も大幅に増えました。本格的に活動も始まってきているので、女性目線から消防団を盛り上げていきたいです!
垂水市女性消防団制服交付事業に伴う広報活動
垂水市女性消防団制服交付事業に伴う広報活動
垂水市女性消防団制服交付事業に伴う広報活動

いちき串木野市女性消防団員制服交付式

平成30年10月9日(火)、いちき串木野市消防本部にて、日本消防協会からの制服交付に伴い、新規女性消防団員に対して制服交付式が行われました。

今後、住宅用火災警報器未設置世帯への戸別訪問、器具点検、水利調査、各種訓練を行い災害時に備えるとともに、災害時には団本部の後方支援、避難誘導、消火活動、台風警戒、行方不明者捜索などの活動に加わっていただきます。

また昨年には、全国女性消防団員活性化広島大会において活動事例を発表するなど、今後、ますます女性消防団員の活躍が期待されます。

いちき串木野市女性消防団員制服交付式

制服交付式の様子

いちき串木野市女性消防団員制服交付式

女性の視点から困っている方の力になれるように頑張ります

阿久根市消防団女性消防隊 ~応急手当指導員認定証が交付されました!!~

平成30年8月7日(火)、阿久根市消防団女性消防隊員に応急手当指導員認定証が交付されました。

この認定証は、24時間に亘る講習を受講し、消防本部消防長から認定を受けた者に交付されるものです。

この資格により、消防機関が主催する普通救命講習または上級救命講習の指導を行うことができるようになります。

認定証の交付を受けた花木女性消防隊長は、「阿久根市の応急手当普及・啓発に貢献していきたい。」と抱負を語りました。

阿久根市消防団女性消防隊

平成30年度 女性消防隊制服交付

平成30年7月29日、霧島市消防局消防本部にて新規女性消防団員に対して制服の交付を行いました。

今回制服を交付されたのは、今年の2月~4月に入団した国分方面隊4名、福山方面隊1名の計5名です。5名は今後、火災予防広報や防火教室、独居老人宅訪問などを行い災害時に備えるとともに、有事の際には情報収集や炊き出しなどの後方支援活動をしていただきます。

本日は、制服交付の後、“過去の災害から学ぶ”ということで、災害時における避難所運営についてガイドラインを中心に勉強し、防災に対しての意識をより一層高めました。

【制服交付式の様子】

平成30年度 女性消防隊制服交付

霧島市消防団国分方面隊女性消防隊

霧島市消防団女性消防隊は30年6月30日現在、24名が活動しています。若い力も加わり、持ち前の明るさと結束力で今後の活躍が期待されます。

市民の防災意識が高まってきている今、私たちにできることは何なのか?災害現場で活動することは難しいですが、避難所でのサポート等においては☆プロフェッショナル☆を目指します!勉強会や研修等を通じで、災害弱者である高齢者や女性・子どもの立場に立って、どのようなことが私たちに求められるのかを考え、活発な意見を出し合い、そのニーズに応えるためには何が必要なのか?何をしなければならないのか?考えれば考えるほど課題がたくさん見えてきます。日本各地で災害が多発している中、ここ霧島市でもいつ災害が発生してもおかしくないと思います。ただちに災害に備え、すぐに対応できる準備をしておく必要があります。

有事の際にはすぐに女性消防隊として活動ができる体制づくりと、活動内容等の確立のために今後も自己研鑽と市民に対しての防災啓発活動を頑張っていきたいと思います!

霧島市消防団国分方面隊女性消防隊

阿久根市消防団女性消防隊 まもり隊通信 平成29年秋号

防火広報誌「まもり隊通信」を年2回阿久根市内全戸へ配布しており、平成29年秋号を作成しました。

いちき串木野市女性消防団員制服交付式

平成30年1月7日(日)、いちき串木野市消防本部にて、日本消防協会からの制服交付に伴い、新規女性消防団員に対して制服交付式が行われました。

今後、3名の方には、住宅用火災警報器未設置世帯への戸別訪問、器具点検、水利調査、各種訓練を行い災害時に備えるとともに、災害時には団本部の後方支援、避難誘導、消火活動、台風警戒、行方不明者捜索などの活動に加わっていただきます。

また昨年には、全国女性消防団員活性化広島大会において活動事例を発表するなど、今後、ますますの女性消防団員の活躍が期待されます。

いちき串木野市消防団女性消防隊

制服交付式の様子

いちき串木野市消防団女性消防隊

地域の安全・安心を守り、『女性が輝く消防団員活動』に取り組んでまいります

姶良市女性消防団員制服交付式

日 時: 平成29年10月26日(木) 11:00~
場 所: 姶良市消防本部 消防長室
姶良市消防団女性消防隊

制服交付式の様子

姶良市消防団女性消防隊

コメント

この度は、制服を交付していただきありがとうございました。女性ならではの目線で、姶良市民の安心・安全に貢献してまいります。

曽於市消防団制服交付式

コメント

この度は、私たち曽於市消防団女性消防隊へ制服を交付していただきありがとうございました。これから先輩隊員の皆さんとともに、みなさんに親しまれ、地域の方々の生命・身体・財産を守れる消防団員になれるよう頑張ります!

曽於市消防団女性消防隊

制服交付式の様子

曽於市消防団女性消防隊

曽於市消防団本部

曽於市消防団女性消防隊

新しい制服を着て1枚!

曽於市消防団女性消防隊

曽於市消防団女性消防隊全員集合

さつま町消防団女性部発足式・制服交付式

日 時: 平成29年4月27日(木) 18:30~
場 所: さつま町消防本部
コメント: 私たち女性消防団員は、町民の生命・財産を守る消防団の使命を果たすため、女性ならではの特長を活かし、地域の高齢者や子どもたちの防火意識を高めるなどきめ細かい消防団活動を展開しています。私たちは消防団員の信条である「自分たちの町は自分たちで守る」という郷土愛護の精神に基づき、町民が安心して住み続けられるまちづくりのために、将来にわたり女性の感性を活動に幅広く生かし、「町民の身近に寄り添う消防団活動」を展開し、災害のない明るいまちづくりに貢献します。
第7回女性消防団員研修会

平成28年度女性消防団員制服等交付式【平成28年12月21日(水)】

天城町消防団に新たに女性団員3名が加わりました。

平成28年度女性消防団員制服等交付式

いつも笑顔を忘れずに、町民の皆様に親しまれる消防団員を目指して頑張ります!

左から【上岡団長、高田団員・藏団員・須川団員】

平成28年度女性消防団員制服等交付式

女性消防団としての責務をしっかり果たして下さい!期待しています!!

阿久根市消防団女性消防隊 まもり隊通信 平成28年夏号

防火広報誌「まもり隊通信」を年2回市内全戸へ配布しており、本年も平成28年秋号を作成しました。

垂水市消防隊 女性消防団制服授与式

平成28年10月18日午前8時半に日本消防協会より交付された、女性消防団制服授与式が垂水市消防本部消防長室で行われました。

コメント

「女性の視点を生かして、市民に信頼される消防団を目指して頑張ります!」

垂水市消防隊 女性消防団制服授与式
垂水市消防隊 女性消防団制服授与式

平成28年度 女性消防団員制服交付式

平成28年4月18日、霧島市消防局消防本部にて新規女性消防団員に対して制服の交付式を行いました。

今回制服を交付されたのは、昨年の12月に入団した国分方面隊の3名です。3名は今後、火災予防広報や防火教室、独居老人宅訪問などを行い災害時に備えるとともに、有事の際には情報収集や炊き出しなどの後方支援活動をしていただきます。

【制服交付式の様子】

平成28年度 女性消防団員制服交付式

【霧島市消防団国分方面隊女性消防隊】

国分方面隊女性消防隊は27年12月1日に3名が入団しました。持ち前の明るさと結束力で今後の活躍が期待されます。

平成28年度 女性消防団員制服交付式

第8回女性消防団員研修会について(鹿児島市消防団)

日 時: 平成28年2月13日(土) 13:00から
場 所: 奄美観光ホテル
コメント: 女性消防団員研修会は、鹿児島県の女性消防団員が一堂に会し、日頃の活動やその成果をアピールするとともに、意見交換や交流を通じて連携を深めることにより、女性消防団員の活動の活性化することを目的として毎年各地で開催されており、8回目を迎える本大会では、鹿児島県の女性消防団員等228名が奄美市に集まり、啓発劇や活動事例報告が発表されました。
鹿児島市消防団も団長及び女性消防団員3名とともに参加し、意見交換会では、現在行っている活動や今後の課題などについて発表しました。また、奄美での研修会に合わせて大島地区消防組合消防本部の視察も行いました。
第7回女性消防団員研修会

【当日の様子】

第21回女性消防団員活性化佐賀大会について(鹿児島市消防団)

日 時: 平成27年10月29日(木) 10:00から
場 所: 佐賀市文化会館
コメント: 女性消防団員活性化大会は、全国の女性消防団員が一堂に会し、日頃の活動やその成果をアピールするとともに、意見交換や交流を通じて連携を深めることにより、女性消防団員の活動の活性化することを目的として毎年各地で開催されており、21回目を迎える本大会では、全国の女性消防団員2,000名が佐賀市に集まり、パネルディスカッションや活動事例報告が発表されました。
鹿児島市消防団も団長及び女性消防団員8名とともに参加し、当市女性消防団員の活動事例をパネル展示しPRしてきました。
第7回女性消防団員研修会

【当日の様子】

阿久根市消防団女性消防隊 まもり隊通信 平成28年春号

防火広報誌「まもり隊通信」を年2回市内全戸へ配布しており、本年も平成28年春号を作成しました。

第8回女性消防団員研修会

鹿児島県の女性消防団員が一同に集まり、消防団における様々な活動事例に触れ、更なる団員活動の充実強化を図ることを目的として、平成20年度から開催され、今年で8回目を向え今回は奄美市にて開催されました。

◆当日の様子

枕崎市女性団員制服交付式(平成27年度)

平成27年12月25日、枕崎市消防本部において新規女性消防団員に対し制服贈呈式を行いました。

【当日の様子】

鹿児島県 薩摩川内市消防団 平佐東分団 女性団員 制服交付式

平成27年10月1日入団、平佐東分団所属女性団員へ日本消防協会より制服の交付があり、平成28年2月15日に分団車庫詰所にて、藥師寺消防団長より制服一式が手渡されました。

団本部付き女性分団19名、甑島地域女性団員40名、本土地域分団所属女性団員3名で、現在62名の女性消防団員が、それぞれの立場で、防火訪問など、女性の特色を生かし、予防広報活動等に頑張っています。

【当日の様子】

女性消防団員制服交付式(大和村消防出初め式)

平成28年1月10日(日)

村長より消防団長へ
女性消防団員制服目録の交付
新女性団員
女性ならではの目線で、
大和村民の安心・安全に
貢献してまいります。

第21回全国女性消防団員活性化佐賀大会

平成27年10月29日(木)第21回全国女性消防団員活性化佐賀大会が佐賀市の佐賀文化会館にて開催され、全国47都道府県の女性消防団員約、3,000人が参加されました。

阿久根市消防団女性消防隊 まもり隊通信 平成27年秋号

阿久根市消防団女性消防隊は、発足から3年目を迎えました。独居高齢者宅訪問調査、救命講習の補助など、年間を通して積極的に活動しております。

また、防火広報誌「まもり隊通信」を年2回市内全戸へ配布しており、本年も平成27年秋号を作成しました。

第22回全国女性消防操法大会

第22回全国女性消防操法大会が、秋晴れの平成27年10月15日(木)横浜市消防訓練センターで開催され、全国の女性消防隊の中から各都道府県の代表として46隊(茨城県は関東・東北豪雨による被害のため出場辞退)が参加し、迅速、確実、安全性など5項目の総合審査と各隊員の行動審査(タイム)を加算した点数を競いました。

鹿児島県代表として和泊町女性消防隊が出場し健闘されました。

5月から、それぞれ仕事や家庭をもちながら週1、3回のペースで訓練に励み、惜しくも入賞は逃しましたが、全国46チーム中19位という成績を納めました。また、個人賞とて、森 美沙都さんが1番員の優秀選手に選ばれ、有終の美を飾られました。

第22回全国女性消防操法大会

志布志市消防団 平成27年度 消防団女性消防団員制服交付式

平成27年9月17日、志布志市役所本庁において女性消防隊員に対し制服交付式を行いました。

当日は、本田市長、外山副市長、尾上団長の出席のもと、稲付隊長以下14名に制服の交付があり、制服着用後、市長や団長から激励の言葉をいただき、隊長が気持ちを新たに市民の安全・安心を守る決意を述べました。

今後、住宅用火災警報器の普及促進、一人暮らしの高齢者宅の防火訪問、住民に対する防災教育及び応急手当の普及指導、消防団行事への参加等、女性の目線からの地域の安全・安心を守る活動を計画しています。

志布志市消防団 女性消防団員研修会

薩摩川内市消防団 平成27年度 女性消防団員制服交付式

平成27年4月1日、団本部付き女性分団1名の入団者へ、日本消防協会より制服の交付があり、8月11日(火)女性分団定例会時に団長室にて、藥師寺正 消防団長から制服一式が手渡されました。

【当日の様子】

第22回全国女性消防操法大会 実施要綱等

大会実施要綱

大会実施要領・審査要領

女性消防団員制服交付式(平成27年6月7日 大島地区消防組合消防本部にて)

奄美市消防団の特別分団女性小隊に2014年度入団した隊員へ、日本消防協会の女性団員確保対策事業により、制服が交付されました。女性団員は、火災予防・応急手当・地域交流・消防団活動の普及啓発を主に活動しており、今後も団員確保により益々活躍が期待されています。真新しい制服に身を包んだ女性団員は「気持ちを新たに、市民の安心安全を守る為に活動していきます」と決意を述べていました。

【当日の様子】

女性消防団員制服交付式

薩摩川内市消防団 平成26年度 女性消防団員制服交付式 下甑大隊

平成26年度12月28日(日)と平成27年1月27日(火)の両日、下甑分駐所において、下甑大隊付き女性部への制服授与式が行われ、中川 三継 下甑大隊長から新入団員へ制服一式が手渡されました。

【当日の様子】

第7回女性消防団員研修会について

日 時: 平成27年2月7日 13:00~16:30
場 所: 枕崎市 枕崎観光ホテル岩戸
内 容: 女性消防団員のより一層の活動能力の向上や活性化を図り、消防団の充実発展に資することを目的として、第7回女性団員研修会が開催されました。
コメント: 鹿児島市消防団からは、古野団長をはじめ、女性消防団員9名が参加しました。活動内容発表の中で、鹿児島市女性消防団員5名が寸劇を発表し、会場からは大爆笑と感嘆の声が上がっておりました。
他の本部においても、女性団員を活用して消防団の活性化や能力向上に取り組んでおり、見習うべき点や取り入れる点も多々あります。今後の女性消防団活動のあるべき姿、あるいは、鹿児島市消防団全体の組織活性化に向けて、参加団員はもちろん事務局側としても、大きな勉強ができました。
第7回女性消防団員研修会

【当日の様子】

第7回鹿児島県女性消防団員研修会

鹿児島県の女性消防団員が一同に集まり、消防団における様々な活動事例に触れ、更なる団員活動の充実強化を図ることを目的として、平成20年度から開催され、今年で7回目を向え今回は枕崎市にて開催されました。

【当日の様子】

第20回全国女性消防団員活性化ちば大会を開催

平成26年11月14日(金)、第20回全国女性消防団員活性化ちば大会が千葉県浦安市の舞浜アンフィシアター(第1会場)と浦安市総合体育館(第2会場)において盛大に開催され、全国から史上最大規模となる約3,800名もの女性消防団員等関係者が集結。鹿児島県からは、鹿児島市・薩摩川内市・霧島市の女性消防団員17名が参加されました。

【当日の様子】

枕崎市女性消防団員制服交付式(26年度)

平成26年12月25日、枕崎市消防本部において新規女性消防団員に対し制服交付式を行いました。

当日は、消防団長から制服の交付があり、制服着用後、気持ちを新たに市民の安全・安心を守る決意を述べました。

枕崎市女性消防団員制服交付式

枕崎市消防団と指宿市消防団女性団員交流会

平成26年11月23日枕崎市において、両女性消防団員よる意見交換会を開催しました。

消防本部による図上訓練の後、各市における女性消防団員の活動状況や女性ならではの活動のあり方など忌憚なく意見交換し、今後の女性消防団活動の参考になりました。

午後からは、鹿児島県防災航空センターを視察し、防災ヘリ「さつま」の迫力に圧倒され有意義な一日となりました。

枕崎市消防団と指宿女性員交流会

和泊町女性消防団制服交付

女性団員制服交付式

安心安全な町づくりのために頑張ります。

新入団員研修

女性でもやればできる!!
現場でも活躍できるよう頑張ります。

鹿児島県 薩摩川内市消防団 平成26年度 女性消防団員制服交付式(3会場で実施)

本年度10名(団本部付き女性分団3名、上甑大隊付き女性部3名、下甑大隊付き女性部4名)へ日本消防協会より制服の交付があり、7月29日(火)団本部付き女性分団の制服交付式を、女性部定例会時に団本部団長室にて、藥師寺 正司 消防団長から制服一式が手渡されました。

鹿児島県 薩摩川内市消防団員制服交付式の様子

【下甑会場】

平成26年8月26日(火)に、下甑大隊付き女性部へ、制服交付式を実施。中川 三継 副団長(下甑大隊長)より制服の交付が行われました。

鹿児島県 薩摩川内市消防団員制服交付式の様子

【上甑会場】

平成26年9月4日(木)上甑大隊付き女性部へ制服交付式を実施。平嶺 元章 副団長(上甑大隊長)より制服の交付が行われました。

鹿児島県 薩摩川内市消防団員制服交付式の様子

南さつま市女性消防団員辞令交付式

南さつま市女性消防団員辞令交付式の様子

平成26年4月1日、南さつま市に女性消防団員が誕生しました。

多くの市民や来賓、消防関係者、家族の見守る中で、辞令と制服が交付されました。

真新しい制服に身を包んだ団員からは『災害のない明るい街づくりに貢献する』と誓いのことばが述べられ、きびきびとした訓練礼式を披露し、これからの活動への意気込みが感じられる交付式でした。

女性団員は火災予防の啓発や広報活動、高齢者世帯などの防火予防訪問を行うほか、災害現場での後方支援活動、応急手当の普及を中心に市民の安心・安全のために活動します。

南さつま市女性消防団員辞令交付式の様子
南さつま市女性消防団員辞令交付式の様子
南さつま市女性消防団員辞令交付式の様子

平成26年度 女性消防団員制服等交付事業

【当日の様子】

瀬戸内町消防団初の女性消防団員用制服という事なので、制服の重みを感じました。そして、より一層町民の生命・身体・財産を守りこれからの消防団活動に精進して行きたいと思います。

女性消防団

平成25年度 女性消防団員制服等交付事業

財団法人日本消防協会では、新規に女性消防団員を採用する消防団を中心に、その制服等を交付することを通じて、女性消防団員の確保対策事業のより一層の推進と広報効果の向上を図る事を目的とした、女性消防団員制服等交付事業を実施しております。

【当日の様子】

第5回鹿児島県女性消防団員研修会

女性消防団員のより一層の活動能力の向上や活性化を図り、消防団の充実発展に資することを目的とした第5回鹿児島県女性消防団員研修会が、平成25年2月9日(土)13:00~ 霧島市隼人農村環境改善センターで開催されました。

第5回鹿児島県女性消防団員研修会

開催地を代表して、霧島市 前田終止 市長からあいさつをいただきました。

第5回鹿児島県女性消防団員研修会

発表者
(左)薩摩川内市消防団 部長 宮里英子
(中央)西之表市消防団 分団長 平川 久美子
(右)霧島市消防団 団員 北田久江

第5回鹿児島県女性消防団員研修会

活動事例発表(霧島市消防団・西之表市消防団)と全国女性団員活性化秋田大会の報告(薩摩川内市消防団)の様子。三名とも写真や映像を使って、現在の活動報告や周りの協力体制の必要性、今後の課題などを発表されました。

第5回鹿児島県女性消防団員研修会

研修会の後半は、二つの会場に分かれてS-KYT(消防団危険予知訓練)を実施し、一人一人が消防活動を安全に誤りなく進めるために、作業の要所要所で行う「確認行動」の仕方を研修しました。

広がる女性消防団

鹿児島県でも女性消防団が組織化され、団員数も増加の傾向にあり、今後の活躍が大いに期待されます。

女性消防団員は、火災予防の啓発や防火防災思想の普及などの広報活動、事業者や学校などでの防火指導・簡単な救護指導、高齢者世帯などの防火予防訪問を行うほか、消防現場等での後方支援、地域によっては男性団員と同様な活動を行っている女性消防団もいます。

鹿児島県消防協会では、毎年、女性消防団員研修会を開催し、女性消防団の活動事例発表や講習、情報交換の場を設けています。

鹿児島県下の女性消防団員が在籍する消防団(平成26年1月10日現在)

消防団名 女性消防団員数 消防団名 女性消防団員数
鹿児島市消防団 24 湧水町消防団 16
鹿屋市消防団 8 南種子町消防団 1
枕崎市消防団 12 屋久島町消防団 2
阿久根市消防団 8 大和村消防団 1
出水市消防団 7 瀬戸内町消防団 8
西之表市消防団 10 喜界町消防団 10
薩摩川内市消防団 60 徳之島町消防団 9
日置市消防団 15 天城町消防団 8
霧島市消防団 11 伊仙町消防団 5
いちき串木野市消防団 11 和泊町消防団 14
奄美市消防団 28 与論町消防団 4
姶良市消防団 17 合計(23) 289

*消防団名をクリックすると、活動の模様などがご覧になれます。(※PDFファイルが開きます)

*今後、各女性消防団を順次掲載していく予定です。

ページ先頭へ

図上訓練

平成28年度 枕崎市 災害図上訓練(DIG)を開催

平成28年5月22日、枕崎市市民会館において、鹿児島県防災研修センターの協力により、災害図上訓練を開催しました。

【当日の様子】

平成26年度消防団図上訓練 熊毛地区にて開催

平成26年12月21・22日の2日間にわたり、西之表市民会館で「平成26年度 防災講演会」と題して、消防団図上訓練が開催されました。

【当日の様子】

平成26年度 枕崎市災害図上訓練

平成26年7月13日(日)、枕崎市多目的研修集会施設妙見センターにおいて、枕崎市主催、鹿児島県消防協会共催により枕崎市災害図上訓練が開催されました。

【当日の様子】

平成25年度 消防団図上訓練 (奄美地区 IN 住用町)

当協会では、地域ぐるみの早期避難など地域と一体となって防災・減災を進める地域防災リーダーとなる消防団員の育成を図るため、山口大学の瀧本浩一准教授を招聘し、下記のとおり消防団DIG(災害図上訓練)を実施しました。

【当日の様子】

平成25年度 消防団図上訓練

消防団図上訓練

当協会では、地域ぐるみの早期避難など地域と一体となって防災・減災を進める地域防災リーダーとなる消防団員の育成を図るため、山口大学の瀧本浩一准教授を招聘し、下記のとおり消防団DIG(災害図上訓練)を実施しました。

次回は、平成25年10月19日(土)、20(日)奄美地区で実施予定です。

【当日の様子】


ページ先頭へ

その他

阿久根市消防団 防災広報車 車両交付式

公益財団法人日本消防協会より阿久根市消防団へ防災広報車の寄贈があり、平成28年12月14日(水)阿久根消防署にて車両交付式が行われ、西平良将阿久根市長から新留秀雄阿久根市消防団長へ交付決定書が手渡されました。

今後は女性消防隊へ配備され、火災予防啓発の広報活動や、独居高齢者宅訪問調査等 に活用されます。

牛之濱女性消防隊長は、「地域住民の安心・安全のために、防災広報車を積極的に活用 していきたい」と決意を新たにしていました。

平成28年度防火ポスター入賞作品

平成28年度防火ポスターに全国から61点の応募があり、その中から10点が入賞作品に選ばれました。

鹿児島県では枕崎市立桜山小学校 5年 茅野 菜々さんの作品が佳作に選ばれました。

茅野 菜々さんの作品(2,458KB/JPG)

おはよう!!ニッポン全国消防団

平成28年5月28日(土)、㈱南日本放送のラジオ番組「おはよう!!ニッポン全国消防団」で、鹿児島市消防団 部長 比良田 照明さんが出演します。

鹿児島県 薩摩川内市消防団 平佐東分団 女性団員 制服交付式

平成27年10月1日入団、平佐東分団所属女性団員へr日本消防協会より制服の交付があり、平成28年2月15日に分団車庫詰所にて、藥師寺消防団長より制服一式が手渡されました。

団本部付き女性分団19名、甑島地域女性団員40名、本土地域分団所属団員3名で、現在62名の女性消防団が、それぞれの立場で、防火訪問など、女性の特色を生かし、予防広報活動等に頑張っています。

【当日の様子】

霧島市消防団 防災広報車 車両交付式

霧島市消防団へ日本消防協会より防災広報車の交付があり、平成27年12月29日(火)霧島市消防局にて車両交付式が行われ、木佐貫誠局長から中村徹男団長へ目録と車両のカギが手渡されました。

今後は主に女性消防隊の火災予防の啓発や広報活動、高齢者世帯などの防火予防訪問等で活用いたします。真新しい車両を前に、板元逸子女性消防隊隊長から、『車両を交付していただいたことにより、女性消防隊の活動の幅が広がります。有効に活用させていただきます。』とお礼のことばが述べられました。

交付式では平成27年12月1日付で入団した女性消防隊員3名のうち1名も出席し、女性消防隊の人員・装備が充実してきていることを実感できた式となりました。

木佐貫消防局長より中村団長へ目録の贈呈 板元女性消防隊隊長よりお礼のことば

平成27年度防火ポスター入賞作品

平成27年度防火ポスターに全国から62点の応募があり、その中から10点が入賞作品に選ばれました。

鹿児島県では指宿市立柳田小学校 6年生 元脇 崇逹さんの作品が佳作に選ばれました。

第15回全国中学生「防火・防災に関する」作文コンクール入賞作品

第15回全国中学生「防火・防災に関する」作文コンクールにつきましては、多数のご応募があり、その中から11点が入賞作品に選ばれました。

鹿児島県では薩摩川内市立川内南中学校 2年生 坊野 真津里さんの作品が佳作に選ばれました。

おはよう!!ニッポン全国消防団

平成27年12月26日(土)、㈱南日本放送のラジオ番組「おはよう!!ニッポン全国消防団」で、薩摩川内市消防団 副団長 中川 三継さんが出演します。

枕崎市防災訓練

平成27年9月20日、枕崎市防災訓練(津波対策)を枕崎市立立神小学校で実施ました。

枕崎市、消防本部、警察、自主防災組織、社会福祉協議会、ハーモニーネットワーク委員会、水道工事業協会計8団体から約200人が参加して、地震発生時の連携を確認しました。

【当日の様子】

枕崎市市民健康教室

平成27年9月5日枕崎市市民健康教室を開催しました。

当日は約500名の市民が来場し、女性消防団員による心肺蘇生法の展示や人工呼吸コンテスト、鹿児島市立病院救命センター長による講演が行われました。

【当日の様子】

平成27年度 枕崎市 災害図上訓練を実施

平成27年6月28日枕崎市別府地区において災害図上訓練を実施しました。

今回の訓練は、土砂災害を想定して、災害危険のある住民を対象に実施しました。

【当日の様子】

第1回鹿児島県消防ソフトバレーボール大会が開催されました。

平成27年7月31日 第1回鹿児島県消防ソフトバレー-ボール大会が日置市伊集院総合体育館において開催されました。

この大会は、県内各地で消防防災活動に尽力している消防職員及び消防団員等の融和親睦と健康の増進、体力の強化に資することを目的に開催されたものです。

これまで、鹿児島県消防学校学友会が中心となり、剣道大会、バレーボール大会を開催し、県内各地の精鋭がその技を競っていましたが、今年からより多くの方が参加できるソフトバレーボールを競技種目とし開催することとなりました。

大会には、県下から11チーム120の選手を始め、大会関係者や応援団など総勢300名が参加しました。

3チーム総当たりの予選のあと、8チームによる決勝トーナメントで覇を競いました。

競技が開催されるや、イメージしたソフトバレーではなくサーブ、アタックとも県下各地から駆けつけた応援席もびっくりするような白熱した試合が展開されました。

なかでも、日置支部チーム、消防学校チームは女性団員及び女子学生の活躍により上位入賞の栄に輝きました。

来年以降の各チームの戦略が期待されているところです。参加された皆さんお疲れ様でした。また、競技運営の準備にあたられた消防学校、第76期初任教育生、鹿児島県ソフトバレーボール連盟審判員の皆様にもお世話になりました。

なお、競技成績は次のとおりです。

優 勝 鹿児島支部チーム

準優勝 日置支部チーム

3 位  消防学校チーム

4 位  指宿支部チーム

◆当日の様子

第18回渋谷・鹿児島おはら祭

日 時: 平成27年5月17日(日)12時30分
場 所: 東京都渋谷区 道玄坂・文化村通り
コメント: 今回で第18回を迎える渋谷鹿児島おはら祭に鹿児島市消防団が参加してきました。鹿児島市消防団連は、団長以下45名と渋谷区女性消防団員9名の合計54名で渋谷の街を踊り歩きました。『グランプリ』を目指して練習を行いましたが、残念ながら受賞はできませんでした。しかし、消防団員の交流、団結を更に深めた渋谷鹿児島おはら祭となりました。
第18回渋谷・鹿児島おはら祭

【当日の様子】

上堀内消防団長就任

日 時: 平成27年4月1日(水)
場 所: 鹿児島市役所 市長室
内 容: 鹿児島市消防団第11代「上堀内 貞久」団長が、平成27年4月1日付けで就任されました。
市長室において、森博幸鹿児島市長から消防団長任命の辞令を交付されました。森市長から、地域防災の中核として消防団の舵取りを頼むとの期待のお言葉を賜りました。
コメント: 新生鹿児島市誕生10年が経過し、上堀内団長は、初の合併町(喜入町)から誕生した消防団長です。喜入町時代にも消防団長として在任していた実績があり、古野前団長の勇退表明を受け、3月22日に行われました臨時の幹部会において、全会一致の推せんを受け、森市長から任命されました。
上堀内新団長は、森市長に対し、「市民の安心・安全を護ることは市政の根幹をなす最重要の任務であります」と固い決意を誓いました。

古野消防団長退任

日 時: 平成27年3月31日(火)
場 所: 鹿児島市役所 市長室
内 容: 鹿児島市消防団第10代団長「古野 満雄」団長が、平成27年3月31日付けでご退任されました。
市長室において、森博幸鹿児島市長へ退任の報告を行い、森市長からは、感謝とねぎらいの暖かいお言葉を賜りました。
コメント: 市長室で暫しの歓談の中で、昭和30年代から現在に至るまでの消防や市勢の移り変わりなどについて、お互いに思い出深く話され、感慨無量の感を受けました。森市長へは、これまでの消防団への支援に対する御礼と、今後も変わらぬご支援をお願いし、古野団長は、54年の消防団人生に幕を閉じました。

ラジオ番組のご案内 おはよう!!ニッポン全国消防団

枕崎消防団救助訓練の様子

【当日の様子】

平成26年度消防団行政視察(南島原市・福岡市)について

日 時: 平成27年2月12~13日 (1班) 7:20~
平成27年2月19~20日 (2班) 7:20~
場 所: 1日目 砂防みらい館(長崎県南島原市)
2日目 福岡市民防災センター
内 容: 鹿児島市消防団では毎年、消防団員の資質の向上、士気の高揚及び団員相互の親睦を図るために行政視察を行っています。今回は71分団から1名ずつの募集をかけて、2班に分けて実施しました。
コメント: 今回は「見て・聞いて・体験する」をテーマに掲げて行政視察を行いました。2日目に視察を行った福岡市民防災センターでは、震度7の地震を体験するなど貴重な体験ができました。
平成26年度消防団行政視察

【当日の様子】

ラジオ番組のご案内 おはよう!!ニッポン全国消防団

歳末たすけあい募金(赤い羽根募金)贈呈式

日 時: 平成26年12月18日 10:30~11:00
場 所: 鹿児島市社会福祉協議会 会長室
内 容: 1947年(昭和22年)にスタートしました「赤い羽根共同募金」は、さまざまな地域福祉の課題解決に取り組む、民間団体を支援する仕組みとして活用されています。
コメント: 鹿児島市消防団に募金のお声掛けを行ったところ多くの募金が集まりました。皆さんの心意気に感謝します。また、大平共同募金委員会会長からも「社会福祉に役立てていきます」とのお礼のお言葉を頂きました。
歳末たすけあい募金贈呈式

【当日の様子】

平成26年度 桜島火山爆発総合防災訓練島内避難訓練

日 時: 平成26年11月30日 8:30~10:30
場 所: 有村町有村地区、古里町古里地区、黒神町塩屋ヶ元地区
内 容: 桜島では、活動が活発化している昭和火口に近い有村町有村地区、古里町古里地区(昭和火口から3km以内の地域)及び黒神町塩屋ヶ元地区において、昭和火口からの噴石や溶岩流等による重大な被害が発生する事態を想定して、桜島島内で安全を確保できる避難所へ住民を避難させる避難訓練を実施しています。
コメント: 大正3(1914)年の大噴火から100年を迎え、今後も大規模噴火を繰り返すことが予想されるため、住民の方々も真剣に訓練に参加していました。
平成26年度 桜島火山爆発総合防災訓練島内避難訓練

【当日の様子】

防火・防災に関する作文コンクール入賞作品

生活協同組合全日本消防人共済会が募集した「地域を守る消防団」をテーマにした作文コンクールの入賞作品十点が決定しました。

本県から阿久根市立大川中学校三年植松蓮子さんの作品が優秀賞に、長島町立獅子島中学校一年竹口そらさんの作品が佳作に選ばれました。

第63回おはら祭(夜まつり)

日 時: 平成26年11月2日 19:20~21:00
場 所: 高見馬場~いづろ~桟橋通りを結ぶ電車通り約1,480m の区間
内 容: 昭和24年に市制施行60周年を記念して始まった「おはら祭」は、多くの方々の参加、協力により今や南九州最大の祭りとして発展しています。第63回を迎える今年は、鹿児島市制125周年・新生鹿児島市10周年を記念して開催されました。
コメント: 鹿児島市消防団は、団員及びその家族を含め総勢115名が参加し、「消防団火の用心!」という威勢のいい掛け声とともに踊りを披露しました。また、新生鹿児島市10周年を記念して、今回初めて10地区の副団長等が一堂に会し祭に参加することで、鹿児島市消防の団結力が一層深まるのを感じました。

【当日の様子】

安心安全まちづくりパレード

平成26年10月25日に開催されました第10回鹿児島市安心安全まちづくり市民大会

安心安全まちづくりパレード

第17回渋谷鹿児島おはら祭り

日 時: 平成26年5月18日(日)
場 所: 渋谷道玄坂、文化村通り
参加連: 64連 約2,300名参加
コメント: 今回で第17回を迎える渋谷鹿児島おはら祭に鹿児島市消防団が参加してきました。
鹿児島市消防団連は、団長以下44名と渋谷区女性消防団員4名の合計48名で渋谷の街を踊り歩きました。昨年に引き続き『グランプリ』を目指して練習を行いましたが、残念ながら受賞はできませんでした。しかし、消防団員の交流、団結を更に深めた渋谷鹿児島おはら祭となりました。

ラジオ番組のご案内 おはよう!!ニッポン全国消防団

平成26年 県下消防出初式の開催

鹿児島県の各市町村では、平成26年新春恒例の消防出初式が下記のとおり挙行されます。

多くの県民の皆様にご高覧いただき、消防団員等を激励いただければ幸いです。

◆当日の様子

平成25年 県下消防出初式の開催

鹿児島県の各市町村では、平成25年新春恒例の消防出初式が下記のとおり挙行されます。

多くの県民の皆様にご高覧いただき、消防団員等を激励いただければ幸いです。

出初式の日程は下記PDFをご覧ください。

◆当日の様子

ページ先頭へ
  • 研修会
  • 表彰・大会・慰霊祭
  • 女性消防団
  • 図上訓練
  • その他
  • 自らの地域は自らで守る、江戸の火消しの心意気 日本消防協会(外部サイトへ)
  • 鹿児島県 防災研修センター(外部サイトへ)
  • 鹿児島県